スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油消費と省エネ技術

昨日の【そこまで言って委員会】で、わかりやすい解説で有名な武田邦彦先生が

僕が依然書いた日記を裏づけるようなコメントをされてました^^

といっても、向こうは僕のブログの存在なんか知らないでしょうけどね

依然書いた日記というのはこちら ←mixi日記(ブログでも同日にUPしたが、間違って消してしまった><)


どのような発言をされたかというと、簡単に書きますと

『金・銅や原油などは、生産者側が不安を煽るような情報を流して価格を吊り上げているだけ』

といった発言。

つまり、金・銅・原油などの埋蔵量を調べた学者は存在せず

巷で言われている

『後40年で原油は無くなる。 金の量はプール3杯分』

といった物は、大量に存在する事が知れ渡った時点で価格が崩壊する為、生産者が価格安定のために不安を煽る目的で主張しているだけらしい。

ちなみに、武田先生が主張する原油埋蔵量は数千年分はあるらしい・・・

といってもこの量は、ちゃんと調べられた量ではない可能性が高いけどもwww

一般向けの埋蔵量の公表は、毎年『後40年で無くなる』と言われるが。

40年後も80年後も『あと40年で無くなる』埋蔵量ってこと。


また、昨日の放送では、さらに興味深い事を仰ってました。

『今の状態では、省エネ対策は地球環境にとって意味が無い』という発言。

なぜかという理由は

『日本がどれだけ地球環境がよくなるように省エネに取り組んだとしても、そこで省かれたエネルギーは中国で使われるんだから地球環境的には同じ』

ということらしい。

僕の解釈でもう少し解りやすく書くと

日本が一生懸命省エネ技術を開発して、原油の消費量を減らしたとする。

すると、需要が減るわけだから、原油価格は下がる。

中国をはじめとする発展途上国は、先進国に追いつこうと色んな分野で投資をしているわけだが

原油はあらゆる価格に影響を与えている商品なので、原油が下がると色んな物が安くなり、投資しやすい環境になるので

途上国はインフラ整備や投資を加速させる。

結果として、日本が省エネによって削減した原油は、途上国が使うので同じことらしい。


中東などの産油国の立場から見てみれば、国を運営するには原油販売によって一定の売り上げを上げなくてはならず

原油価格が下がれば増産して対応しなければならない。

増産すれば更に需給が悪くなり、価格は安くなるのだろうが、安くなればその分購入意欲も出てくるため、どこかで需給は釣り合うし、帳尻も合ってくるのだろう。

その一方で、需要が増えた場合は価格が上昇するので、無理して増産しなくても一定の売り上げは上げられる。

つまり、省エネ技術が進んだところで、産油国は一定の売り上げを上げる為に一定量の採掘はするわけで

それだけ原油依存度を下げるシステムを作ったところで、一定レベルの原油は生産され続ける。

生産されればその分は消費されるので、結局は意味が無いということ。


また、省エネ技術という物は、開発コストと原油価格を比べて、利益が出ている間は求められるが

原油が安くなることで、省エネ技術を導入しても得をしなくなれば、省エネ技術を求める人は居なくなる。


という事は、省エネ技術は原油高という前提なくして存在しないわけで

原油高になるためには、それなりに原油需要は無くてはならないので、原油消費量は減らないことになるってことでしょう


必要な情報って、自分から積極的に入手しようとしないと手に入らない物なんですね。
スポンサーサイト

勝手に作った都市伝説

今日は、世間で一般常識とされていることが

実は何らかの力によって事実が捻じ曲げられているんじゃないか的な感じみたいなぁ~

って事を書いていこうと思います。


石油の埋蔵量って、ずっと前から40年後に枯渇するって言われていますよね。

僕が子供の頃からそう聞いていますし

人生の先輩方の話でも、40年前から40年後に枯渇するって言われていたらしいです。

おそらく、40年後も『後40年で枯渇する』って言っているんでしょうね。

何故こんな良くわからないことになっているのかというと

40年前には見つける事が出来なかった原油や

見つけてはいたけど、技術的に採掘できない原油なんかをカウントしていないので

技術の進歩と共に埋蔵量が増えているというのが理由のようですが

本当なんでしょうか?

原油は、元々地球上にいた生物の死骸が原油化したという説明ですが

生物の分布から見ても、中東に集中して埋蔵されていることがおかしく

生物が存在しないほど深い地層からも見つかっている

また、一度採掘しつくした後の油田でまた湧いてくる

という事で、無機成因論という理論が出てきました。

詳しい説明は省きますが、地球のサイクルで作られているので、無限にあるという理論です。

しかし、一般的に大々的に取り上げられる事はありません。

これは、産出国から見れば、無限に有るのなら価格上昇局面で採掘量を増やせば良いということになり

価格が上昇しない。

同じ商品を同じ手間をかけて売るのなら、商品価値は高い方が良いので、無機成因論は都合が悪い。

原油輸出国の日本から見れば、原油が有限で貴重な資源という事にしておけば

省エネ商品を売る宣伝材料になるし、原油に頼らない原子力発電を海外に売ることが出来る。

力を持つ【国】に有利な情報を優先して流している可能性は無いのだろうか。。


同じ埋蔵量が決まっている物に、希少金属の【金】が有る。

僕が小学生のときに始めて聞いた埋蔵量だか採掘量は、『オリンピックプール3個分』の量だった

で、それから30年近くたった今調べても『オリンピックプール3個分』の量らしい。


(後に調べたところ、かなり昔はプール1杯分と言われていた時期もあるようだ)

『金』は完全にリサイクルされている商品ではない。

ちょっとお洒落なスイーツや料理には金粉がかかっていたりするし、正月に飲む日本酒なんかにも入ってる。

精密部品の材料などにも使われている

精密部品の材料については、最近では廃棄された製品を溶かして金を取り出すなどリサイクルされているが

全ての製品がリサイクルにまわされているわけでも無い。

インドなどでは重要なイベント事の時には金のアクセサリーを買う風習があるそうだが

そのインドの人口は年間1500万人で増えているようで

2030年には増加率は鈍化するとはいっても700万人ペースで増えるらしい。

その人達が結婚すると金を買うわけだ。

金は、アクセサリーや精密部品を使った製品という形で世の中に流通しまくっているのに

何故か安定した値動きをしている。

ここ最近は、リーマンショック後の各国の金融緩和によって金に投資が集中しているので上昇し始めているが

その前までは安定していた。


何が言いたいのかというと、『金の量はオリンピックプール3個分』というのは嘘で

実際にはもっと採掘されているんじゃないか?って事です。

上の石油の記事を思い出して欲しい。

石油は、技術の進歩や採掘技術の進歩と同時に量が増え続けている。

何故金だけは増えないのだろう?


僕が思うに、各国の中央銀行が、過去の金本位制のときに大量に金を溜め込んでるため

金価格が値下がりすると中央銀行の資産が劣化する為、金の量は増えないという事に決めたんじゃないだろうか?

数十年前から同じ量しか地球上に無いといわれているが

数十年前に地球全体をスキャンして金の量を測る技術があったとは思えない。


(金の量は、地球に存在する量ではなくて、採掘された量が公表されているようだ

 しかし、採掘量を捏造している可能性はありますよね。 採掘量が少ないといえば、希少価値は上がって採掘業者は利益を取りやすくなるわけですから)

また、世界中の金を集めて量を測定する事も出来ない。

つまり、【プール3個分の量】なんてのは証明しようが無く、量が増えたと証明されたのは金を保有している人達

その金を大量に保有しているのは【国】なんだから、データ捏造をしているという可能性はないのだろうか。


信じるか信じないかはあなた次第。

モンハン3とPSP本体がセット販売へ

年末年始のニュースで知ったのですが

モンハン3・MHP3こと【MONSTERHUNTER P3rd】の売り上げが物凄いらしいですね

2010年の12月1日に発売し、その後1月ほどで400万本突破!

色々な記録を塗り替えているようです・・・

そういえば発売日に、TVのニュースなどで凄い行列を見たのですが、正直ここまで凄い事になっているとは思いもよりませんでした。

発売当日は、予約したのにもかかわらず手に入らず、数日遅れで手に入れた人までいたらしいですね。

発売した週のmixiニュースで、『ゲームの発売日という理由で誕生日に彼氏が会ってくれず・・・』といった記事を見ましたが

正直その時はその記事を理解できなかったのですが、この売れ行きを見た後なら納得できますね。


正直モンハンに対してそこまで興味は無かったのですが、ここまで騒がれると興味が出てくるのが人間という物です。

正月休みに近くの販売店に行ってみたところ、PSP本体は全て売り切れ・・・

年末年始の行事とお年玉効果があるとはいえ、まさか品切れを起こすほど売れていたとは正直驚きました。


販売店に無いのならネットで探せば有るだろうと考え、ネットで最安値の店を表示してくれる【価格.com】で商品を検索したところ

在庫を持っている全ての店が、定価よりも高い価格で販売しているではありませんか!!


モンハン3rd ・・・  まさにキラーコンテンツですね。

しかし、ここまで需要過多に傾いていれば、メーカーも供給を増やすのが普通ですよね。

そこで調べてみたところ、どうやら2月10日に、MHP 3rdとPSPの限定版のセットが期間限定で販売されるようです!

その名も【新米ハンターズパック】

PSP本体は、2010年11月18日より発売されたツートンカラー「ブラック/レッド」と「ホワイト/ブルー」の2種らしい。

気になる価格は 19,800円!

1月10日の今現在、PSP本体だけで26,800円程するので、本体価格とあわせると3万超え。

それが、一月待つだけで1万円以上の割引価格で変えるとは・・・


今買おうとしている人は、もう少し待ってみるのも一つの手ではないでしょうか?


ちなみに↓のリンクでは、まだ発売していない商品の為イメージも無く、価格も転売師によるボッタクリ価格が表示されています

ランキングに参加してます

良ければポチッとb





存在理由が見当たらない

昨日の【たかじんのそこまで言って委員会】のメインテーマは、マスコミ論でしたね。

放送内容は、マスコミとネット情報との比較。

マスコミの問題点。

基本的にマスコミ出身者やTV出演で食べている人が多いので、マスコミ批判を全面に出した様に見せかけて、実際にはマスコミ擁護をするといった感じの作りになっていましたね。


個人的な感想は、マスコミは【重要な情報】がネット経由で流出するケースが多くなってきており

情報拡散という重要な仕事がネットに奪われつつある事に対して、拗ねてるだけの様な気がしてならない。


例えば、番組内では民主党の議員がネット動画配信のインタビューは受けるが、TV番組は番組ないようによって出るかでないかを決めているという意見。

マスコミ関係者は、『自分の出たい番組だけに出るとは何事だ!』といった発言をする人が多いですが

そういう事態を作り出したのはマスコミ自身ですよね?

政治家が、テレビ番組よりもニコニコ生放送を優先するのは、ニコニコ生放送は生放送の為、特定部分をカットして編集しないという点を重要視しているからだと思います。

逆にマスコミの取材を受けないのは、全体の話の流れを無視して、カットされて編集した【事実とは全く違う】内容を、かなりの期間と回数流されるからではないでしょうか?


具体例を挙げると、仙石前官房長官の【自衛隊は暴力装置】発言。

【暴力装置】というのは、政治学の授業では、警察や軍隊など、武力を行使できる団体の事を【暴力装置】と呼ぶと教えるそうです。

ネットで検索した【暴力装置】という言葉の解説にも、そのような事が書いてあります

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%BD%CE%CF%C1%F5%C3%D6

【暴力装置】
暴力は人間の尊厳や人権をおびやかすものであり、人道主義や平和主義の立場ではあらゆる対立は非暴力的な手段によって理性的に解決されるべきという社会の規範がしめされる。

しかしながら、その規範が実施されるとはかぎらない。

そのために暴力に対抗することが必要となる。

しかし、これは暴力と非暴力、善悪の対立ではありえない。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけである。

つまり、暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力(Organized violence)が社会の中で準備されなければならない。軍隊、警察がこれにあたり、社会学者のマックス・ウェーバーはこれらを権力の根本にある暴力装置と位置づけた。(一方で「正確にはウェーバーは”暴力の独占”などの表現しか使っていない」との説もある)



マスコミは、【暴力装置】=【暴力団】と言葉をリンクさせ、『自衛官として働いている人の気持ちを考えろ!』と文句を言っていましたが

この行動は、揚げ足取りにもなっておらず、批判している人が勉強不足というだけだ。(こう書いている僕も、この言葉は仙石さんが発言されて始めてしったんだけどw)

政治家は、国会内でかなりの時間喋っている。

そしてこれは、マスコミの取材でも同じだ。

しかし、ニュース番組などで画像を流す際には、政治家の発言は数秒にまでカットされる。

その数秒間で政治家が喋った内容をそのままの状態でコンパクトに編集して放送しているのなら問題は無い。

でも実際はどうだろうか?

殆どのニュースが、政治家の問題発言のみを部分的に取り上げたり、意図的に悪意あるメッセージに変換して流したりしている。

随分前になるが、福田元首相が『私は客観的に自分を判断できる。あなたとは違うんです』といった報道も

その言葉が発言される前に、記者が総理を挑発しまくって苛立たせていたとしたらどうだろう?

前半部分にちゃんと喋っていても、一部の馬鹿な記者が挑発して暴言を引き出した事で、前半部分は全てカットされる。


このような状態だと、政治家が取材を受けるという行為は、マスコミが製作する【MAD動画(ムービー)】に素材提供している事と同じわけだから、取材拒否されても仕方が無い。

ちなみにMADムービー(マッドムービー)とは、既存の音声・ゲーム・画像・動画・アニメーションなどを個人が編集・合成し、再構成したもの。wikiより。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MAD%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC

自分達で情報源を逃がすような事をし、取材が出来なくなると『国民の知る権利を侵害するのか!』吠える

しかし、国民が本当に知りたいのは、真実だ。

マスコミの主張を知りたいわけではない。


また、やしき委員長の『マスコミはALL野党なんだから、与党が批判されるのは仕方が無い』といった発言にも納得できない。

朝・夕方・夜にやっているニュース番組が、政治バラエティーという名でやっているのなら文句は言わない。

しかし、ニュース番組は報道だ。

報道は、中立・正確でなければならず、且つ過剰であってはならない。

今の報道は、どの基準も満たしていない気がするのは僕だけだろうか?

今、テレビ局は視聴者が減り、スポンサーからも相手にされなくなってきているらしいが

モラルを守らず、責任も果たさない現状を放置するのであれば、いずれ淘汰されてしまうのではないだろうか。

早すぎたホリエモン

最近、TVは物凄い進化をしていますよね。

といっても、TV番組の事ではないです。

TVそのものです。


TVは、ついこの間までブラウン管だったのに、ここ数年で液晶やプラズマなどの薄型TVに変わり

つい最近では3D対応TVも発売しましたね。

残念ながら、3D対応TVはコンテンツの不足で人気はあまり無いですが。

そんなTV市場に、また新たな動きが出てきました。

【スマートTV】です。

【スマートTV】とは、携帯電話の【スマートフォン】のTV版といえば解りやすいでしょうか。

TVにパソコン機能を持たせた物で、TVを見ながらにしてウェブ閲覧が出来たり

インターネット経由でアプリを落としてTVゲームを楽しんだり出来る優れものです。


この【スマートTV】。

普及する事で、今までのビジネスモデルを根本的に変えてしまう可能性を秘めているのではないでしょうか。

具体的に書くと

今までのTV業界のビジネスモデルは、TV電波を持っているTV局がかなり大きな権力を持っている状態ですよね。

そのTV局が、自分達の好き勝手な主張をし

番組制作も下請けに作らせて、スポンサーからの広告収入は自分達が貰う美味しいとこ取りの状態。

しかし、インターネットテレビこと【スマートTV】が普及すると、この構造そのものが崩れてしまう可能性が大いにありますよね。

スマートTVは、WEB閲覧などをテレビ画面上で出来る製品。

つまり、テレビ画面でyoutubeをはじめとする動画を見ることが出来るわけです。

ということは

実力がある番組制作会社は番組をテレビ局に売らなくても、ネットで直接番組をアップロードして閲覧できるようになります。

面白い番組であれば、各企業に直接売り込み、スポンサーになってもらうことも可能なのです。

そして、無料で番組をダウンロードできるようにして、番組の冒頭部分に数分のコマーシャルを入れることで事業が成り立ちます。

ニュース番組なども同じです。

経済ニュースや政治のニュースなどは、通信社が取材をやっているわけですから

通信社から【事実】の情報だけを買い、そのニュースの分析を中立な立場で行えば、立派な報道番組の完成です。


料理番組なんかでも同じです。

クックパッド(クックパッドは色々問題があるみたいなので、リンクをつけたりして宣伝はしません)などのWEBサイトは、今現在家にある食材を入力するだけでレシピが出てきます。

テレビ番組の3分クッキングのように、決まった時間にテレビを見る必要も無いですし、家に無い食材ばかりで料理を作るのを見せられることもありません。


今発売されているスマートテレビは、WEB検索の際にリモコン付属のキーボードを使うようなので高齢者などは使いづらい製品のようですが

リモコンやTV本体に音声識別機能がつき、リモコンに向かってキーワードを発言するだけで検索できるようになれば、全ての世代の方に使いこなせるようになります。


そうなれば、テレビ放送はWEB動画と争う事になるわけです。

勝負の決め手は、コンテンツの量と質、見る際の手軽さでしょう。

テレビ局は手軽さと量の点では圧倒的に不利なので、それを補う必要があります。

どのようにして補うのか、それは、過去に放送した内容をWEBに上げて、いつでも見られるようにするなどして、今までのコンテンツをフル活用する必要があります。


今から考えれば、ホリエモンはこのことを想定してテレビ局を乗っ取ろうとしていたのでしょうね。

テレビ局は、コンテンツ自体は豊富ですが、それを活用しようとしていません。

その部分を上手く解決することで、今のTV局をもう一段階上に押し上げようとしていたのかもしれないですね。

結果的には時代を先取りしすぎて、周りからも理解されずに終わってしまいましたが・・・


彼の言葉に耳を貸さず我が道を進んだテレビ局は、時代に取り残される事無く、これからの時代を生き抜くことが出来るのでしょうか。




ランキングに参加してます

良ければポチッとb













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。