FC2ブログ

地震で解った情報格差

今回の地震で、情報の伝え方・伝わり方がメディアによって大きく分かれましたね。

今回、必要情報の拡散などで一番役に立ったと思われるのは、個人的にはツイッターだったと思う。

TV報道を見ると、津波や地震によって起こった衝撃映像を繰り返し流し、どうして地震が起こったかという話を専門家を読んで何度も同じ事を聞いて報道。
その後は被害地域がどれだけ酷い状態になったかというのを映像付きで流す放送がメインだったのですが、あのような報道では、被害が凄いという事は伝わるが、知人や家族が被災地にいる場合の安否確認や、被災地域に何が必要か、被災者はどうすればよいのかという事が全く伝わってこなかったと思うのですが、皆さんはどうでしょう?
個人的にはそのような報道はひと段落してからでも良かったのではなかったかと思います。

twitterでは、必要とされるであろう情報発信され、重要度の高いと思われる情報はリツイートによって情報拡散が行われていました。

具体的に何個かツイッター情報を取り上げてみますと

・171 + 1 + 家番号 で伝言吹きこみ 171 + 2 + 家番号 で伝言再生

・.◎ 《拡散を!》下痢の時、体調が悪い時、その他今のような災害の時に役立つ「経口補水塩」の作り方:1リットルの水に砂糖40グラム、塩3グラムを混ぜるだけ!普通の水の25倍、スポーツドリンクの10倍、体に吸収されやすいそうです。これで助かった人も大勢います。

・【西日本の方に拡散希望!】 西日本の人たちができること。関西、中部電力圏のみなさん、なるべく電気を節約してください。中部電力では関東地方に送電を始めているようです。

・RT @faridyu: RT @akiyamayoshihir: 余震が怖くて眠れない人へ。iPhoneをお持ちなら「ゆれくる」アプリをDLしてあなたの住所を入れて通知レベルを震度4に設定してください。上手くいけば地震が到達する前に音付きメッセージが表示されます。

・【眼科勤務より】もし地震で眼鏡・コンタクト無しの状態になってしまった方:小さな穴(テレカの穴ぐらいの大きさ)を通して見ると、視力を確保できます。視界が狭くなるので、近くは裸眼で確認しつつ遠方はそれで確認して下さい。

・「地震後1~2時間たったらもう車を出してはいけません。常識です。緊急救助作業車や消防車、救急車が渋滞で立ち往生しているニュースを繰り返し見たでしょ」

など。
取り上げたのは僅かに過ぎませんが、この様な情報が秒単位で更新されていました。
これらの情報の中には、マスコミが伝えなければならない情報もあると思うのですが、TVがこの様な情報をしっかりと伝達できていたかどうかは疑問です。

また、twittreでは、この様な情報もつぶやかれていました。

・RT @tospo_mobile: RT @Tranquil_Dragon: 東京とかの人はNHKで津波や地震の様子を観てるみたいだけど、肝心の仙台は停電してるので情報が何も分かりません。ヘリコプター、サイレン、悲鳴、怒号しか聞こえてきません。皆さんのツイートが唯一の情報源です。

・@kenichiromogi ブレーカーを落とす事をメディアが伝える事、ヘリコプター取材が現場の声の邪魔になってる事をメディアに伝えて下さい。赤い紙が貼ってある建物は近寄ってはいけない印しだそうです。阪神大震災の教訓のよいです。

これらの意見は、マスコミが衝撃映像を撮影する為にヘリコプター取材をしている事が、救助活動の邪魔になっているということを証明しています。
マスコミのヘリコプター取材によって、被災地以外の住民や海外に対して被害の大きさは伝えられるでしょうし、現場の映像を見た人が寄付などをするという利点もあるとは思いますが、それにしてもヘリを飛ばし過ぎのような気もします。

もちろん、twittreには悪い点もありました。
マスコミが裏づけを取った確定情報を伝えているのに対し、twittreは未確認情報でも、ユーザーが重要だと思ったものはそのままリツイートされていたので、一部で間違った情報やチェーンメールの転載なども流れていたりもしました。
また、正しい情報であっても、その情報を入手するタイミングに差があったため、古い情報を配信されていたという事も有りました。
これらの点は、改善すべきなのでしょう。

並んで優れていたメディアは【ラジオ】だと思いました。
ラジオは音声だけで映像を流す事が出来ない為、被災した人はどうするべきか、地震が再度起こった場合はどうすべきか等をしっかりと伝えていました。
例えば、逃げる場合には二次被害を防ぐ為に、ブレーカーを落としてから家を外出するように!という事や、伝言ダイヤルの使い方や伝言ダイヤルは固定電話が無いと使用できない事。
伝言ダイヤル以外には、各携帯電話会社が設置している災害時の掲示板の使い方、そして、その掲示板は被災した人が登録しないと確認できない事など、細かな事までしっかりと伝えられていました。

また、ネット上などで拡散されていた、ボランティアや救援物資を送ることについての注意点なども放送されていました。

一方TVは、それらの情報をしっかりと伝えていたかがかなり疑問です。
関東方面に親戚がいる知り合いは、地震発生直後からずっとTVを見ていたのですが、災害掲示板や伝言ダイアルを使っての安否確認の方法を知りませんでした。

関東方面に住んでいる親戚は、自分達の住む地域では断水していて水が無く、食料も全て売り切れでどうして良いか解らないと言っていました。
その被災地域に住む人たちが必要としている情報を入手できていないから放送でいないのなら仕方が無いのですが・・・

親戚が浦安市に住んでいたので、浦安市のホームページを確認すると、海上自衛隊が浦安市に300トンの水を運んだという情報がトップニュースで書かれてました。

浦安在住の人から連絡を貰ってから1時間後ぐらいで到着のニュースがアップされていたので、浦安市に水が届く事はもっと前から解っていたはずです。
水を運ぶ事を決定してから運搬して到着するわけですから。
にも関わらす、TVが報道していたのは原発事故の説明と衝撃映像の放送、そしてマグニチュードの修正だけでした。

正直、M8.8かM9か。原発がどういうプロセスで爆発したか等は後からでも良い情報なのに、かなりの時間を使って解説してました。

TVは、CM無しでずっと地震報道しています。
原発事故も重要な事ですし、近隣住民がどのような行動を取るのがいいのかを伝えるのは重要な事だと思います。
また、衝撃映像を日本中そして海外にも伝える事で、支援の輪を広げる事も重要だと思うのですが、小さな情報も伝えるべきだったと思います。

例えば
・物を送ろうとしている人は、物よりもお金を送った方が良い。
・特に【千羽鶴】などはゴミにしかならない上に、必要物資が千羽鶴によって圧迫されて送れなくなるので害しかない。
・古着などの、家にある使わないものを送っても、被災者の方も使わないので、邪魔にしかならない。
・災害を機に、義援金詐欺が流行っているので、寄付をする際には公共の窓口などでやったほうが良い。
・被災地に知人・親戚がいる場合の安否のとり方。被災者が、知人・親戚などに生存を知らせる方法。
・食料・水が無い場合、どうすればよいのか・どこに行けば補給できるのか・補給できない場合、最大何日我慢すればよいのか、などの情報。

これらの情報はかなり重要な情報だと思うのに、TV報道では軽視されていると思う。

今回の件は、いろいろとメディアについて考えさせられる事が多い。



わかりやすい原発事故説明の動画

地震が起こってから結構経っているのに、相変わらずTV報道は無駄に危機感だけを煽ってますね。

被災地の避難所で食料が足りない毛布が足りないと報道されているが、TVを観ている人や被災地の人は一体どうすればいいのだろうか?
この様な危機を煽る報道によって、家にある使い古した物を被災地に送ろうと考える人や、物を買い占める人が増えている。

ラジオやネットでは、『被災地に直接物資を送られても仕分けなどの手間が増えるので困るから、送ろうと思っている方は住んでいる地域の自治体を通して送ろう』とまともな事を言っているのに、TV(主にワイドショー)が危機感だけを無駄に煽っているので、色んなところで害が出ている。

とうとう枝野官房長官が『被災地に直接物資を送らず、自治体の窓口で意見を聞いてください』といわざるを得ない状況になってきている。
こういう状況を見ていると
マスコミには何も期待していないので、頼むから邪魔だけはしないで欲しいと思ってしまう。

個人的に、まともなTV局は民放では【テレビ東京】だけなんじゃないだろうか。

朝・夕方には子供向け番組を放送し、ニュース番組などでも要点だけを解りやすく解説していた。
放射能の問題などでも、どのレベルでどのような害が出るのかをいち早く解説していたし、対処方法なども【ある程度距離が離れている地域では、花粉症対策と同じような対策と考えてもらってよい、あと、むやみに外に出ないで欲しい】と分かりやすい解説をしていた。

・また、放射線というのは日常生活でも浴びているし、入浴剤や温泉などでは通常浴びている量の何倍も浴びている事となるので、過剰になることになる。
・放射線の量は、距離が離れれば離れるほど薄まるので、遠くにいる人たちには害は無い。
・原発近くの人たちにはヨード剤が配られたりするが、遠くの人が心配に思うのなら海藻類を食べれば一時しのぎが出来る。
などの、視聴者が必要としている情報を提供していたように思う。

しかし他の民放各社は、通常浴びている量の何十倍もの放射線を観測!
とか、普通の人が理解しにく専門用語などを織り交ぜながら、わざと解りにくい解説をして危機だけを煽っている。
結果として、東京などの問題の無い地域でも関西に逃げてくる人たちがいるそうだ。

何故、多くの民放が解りにくい説明をして危機を煽っているか。
これは僕の個人的な想像だが、危機を煽る事で自分達の重要性を示したいのだろう。

マスコミもこの様に簡単に説明できないもんかね。



ちなみに放射線の健康への影響は発癌性だが、毎日タバコ1~9本吸うことによる肺癌リスクは3400ミリシーベルトの放射線と同じだそうだ。

権利と義務の関係

最近の報道を見ると、人が持つ【権利】【人権】の重要性のみが過剰なまでに主張されている気がする。
しかし、【権利】というものの裏側には【義務】が存在する。
義務の無い権利は無く、権利が無い義務も存在しない。
何故なら、権利と義務は同じ一つの物事の裏表であるので、どちらか一方が消えれば相方も消えてしまうわけです。

しかし、報道では権利のみが重要視されて義務は重要視されない。
結果として、権利だけを主張して義務の存在を無視、あるいは存在その物を知らない人間が増加している気がする。

例えば、犯罪を犯したものの人権を守らなければならないという主張。
確かに、守らなければならない人権も存在はするだろう。
だが、法治国家である日本で、法律を守らなければならないという義務を無視した人間は、相応の権利も無視されるのが当然だ。

にもかかわらず、報道では権利のみが主張される。
マスコミが主張する【報道の自由】【知る権利】なんかも、権利のみが語られてその裏にある義務は無視される。
自由な報道をするのであれば、報道内容は中立でなければならない。
中立な報道をしている報道機関、番組が、日本にどれだけあるだろう?

建物


こういう事態が続いた結果、国民は【権利】だけを持っていて義務を軽視する人が、普通では理解できない行動を取ったりもする。

例えば、国勢調査を実施した際、調査員に対して『プライバシーの侵害だ!』と個人情報保護法などを取り上げて調査に応じない人が存在するらしい。
こういう人が僅かであれば問題は無いのだが、増え続けて一定割合を超えると問題が出てくる。
どういう問題化というと、調査が実態を表さないような結果になってしまうということだ。

もっとも基本的なところでいうなら、日本には【国民の三大義務】が存在する。
勤労、納税、子供に教育を受けさせることで
【三大権利】は生存権、教育を受ける権利、参政権です。

権利と義務は一枚のカードの裏表であるのだから、本来は義務を果たしていない人間は権利も剥奪される。
しかし、実際には剥奪される事は無い。

どうしようもない理由。
例えば、生まれながらに体が弱い、または、持病を持っていて、働きたくても働く事も出来ず、結果として労働も納税も出来ない人も確かに存在する。
その人から権利を奪ってしまうのは、余りにも酷なので、この人たちに権利を与えるのは当然だとは思う。

しかし
今の日本には、働けるのに働かずに、自分勝手な理由で義務を放棄している人が存在します。
個人的には、その人たちにまで権利を与える必要は無いと感じるがどうだろうか。

2011年 京都のサクラ

このブログでは、いつも堅い話が多いので、サクラの季節という事で、今回は気分転換に軽い話題を。

先週末は、京都はサクラが満開という事で
ゴルフの練習終わりにサクラを見ながらランチを食べようと思って、知り合いのお店【クリノコ】に行きました!



この季節で、川端通り沿いは観光客とか近所の人でいっぱい。
当然、クリノコも満席という事で入る事が出来ませんでした。。。

クリノコ前のサクラ
IMGP0251_20110411182921.jpg

IMGP0252_20110411182907.jpg


仕方が無いので、一乗寺の横綱にでも行こうと思い、自転車を北に。
北に行くついでに、最近はまってる【進撃の巨人 4巻】を購入するために、丸山書店に。

丸山書店近辺の風景。
IMGP0253.jpg
IMGP0254.jpg

横綱に行ったが、横綱にまで行列が出来ていたので、仕方なく横綱は諦めて、御所近くの天下一品に向かうことに。
そうですよ。
口がラーメンの口になってたのですよ。

天下一品までの通り道のサクラ。
人がたくさん花見をしてますね。

御所近くに行って、御所の手前にあると思っていた天下一品が御所の向こう側だと気が付き、テンションが下がって折り返し。
時間が経っているのでクリノコの席が空いているかなと思って、もう一度北上。

帰り道のサクラ。
IMGP0262.jpg

IMGP0259.jpg

高野川・加茂川の三角州
花見してる人がイッパイ。
IMGP0258.jpg

IMGP0257.jpg

IMGP0255_20110411182902.jpg


IMGP0258.jpg

IMGP0256.jpg


今度は加茂川の土手の下を通って北に行くことに。
IMGP0265.jpg

IMGP0264.jpg

IMGP0263.jpg

IMGP0266.jpg


クリノコ覗いたけど、空いてなかったので、今日のランチはカナートの地下でマクドを買って食べた。

夜は呑み友さんが店でトマト鍋をやるというので、顔を出してみた。

クレメンティアに行くまでのサクラ。

IMGP0268.jpg

IMGP0267.jpg

木屋町通りのサクラ。
IMGP0269.jpg

IMGP0272.jpg

IMGP0273.jpg

IMGP0274.jpg

IMGP0275.jpg

IMGP0270.jpg

IMGP0271.jpg


参加者は全員合わせると7人いたけど、誰もトマト鍋の作り方を知らず、食べた事すらないので探り探りつくって食べました!

皆で食べたトマト鍋のような物。
IMGP0276.jpg

IMGP0277.jpg