FC2ブログ

カンニング事件からみえること。

ここ最近の報道バラエティーは、【海老蔵】の話と【カンニング】の話ばかりですね。
政治・世界情勢など、他に伝えなければならないことが多い中、マスコミは日本で最も重要なニュースだと判断したから、この2つのニュースばかりを伝えるのでしょうね。

しかし常識的に考えて、過剰報道としか思えない。
今回やったことは、【カンニング】。
たかがカンニングで、何故、殺人罪並みの報道がされるのだろうか?
また、通っていた予備校の名前を出して責任者に謝罪させていたが、予備校にそこまでの責任があるのだろうか?
予備校の仕事は浪人生に対して勉強を教える事であって、人格を育てるのは家族の仕事。

河合塾は、今後客が減るような事があれば、損害分を請求しても良い気がする。

また、今回の事件は、試験管がまともな仕事をしていれば防げた可能性も有る。
この問題は、学生だけの問題ではなく、試験管の職務怠慢にも原因があるのではないのだろうか?

話は少し変わるが、今の受験システムそのものが古いような気もする。
昼の報道バラエティーで、デーブ・スペクターが『日本の受験システムは、重箱の隅をつつく様な豆知識ばかりを要求し、学生を落とすことを目的としているから問題が起こる』
と物凄くまともなことを言っていた。

日本の学校のシステムは、入り口を物凄く狭くして入りにくいようにして、出口を簡単にする方式。
大学受験でいうと、は居る事自体に意味が有るのであって、その後に意味は無い。

ライブドアの代表だった堀江さんも『東大には入る事が重要で、卒業は重要ではない。だから、東大に入って人脈を作ったら辞めて起業する方が効率的』と発言している。
だから、大学生は2回生や3回生から就職活動をする事になるし、企業もその前提で募集をしている。

しかし
学校の本来の目的は学生を育てる事なのだから、この入り口が狭くて出口が緩いシステムそのものに大きな問題がある。
この方式では、学生として一番質が高いのは入学時点で、その後4年かけて学生は馬鹿になっていくのだから、企業としては大学生は入試の難しさで判断するしかない。

今騒がれている大学生の就職難も、少子化で試験自体が形式的なものになっていて、名前さえ書けば合格する大学が増えてきているから、企業はそのような大学の生徒は取らないだけでは無いだろうか?

大学の入り口を広くして、出口を狭くし、大学を卒業する事に意味を持たせてこなかった大学側の責任は大きいといえないだろうか。

もう一つの問題点は、これからの世の中では【詰め込んだ知識を披露する】だけの試験では、人間の価値が決められないという事だ。

インターネットやそれに関する技術が進歩し、素人でも、情報の検索に仕方さえわかれば知識は常に手に入る状態となっている。
今回のカンニング手法が正にこれだ。
解らない事をいかにして調べて素早く情報を入手できるかというのは、これからの時代を生き抜く上で絶対に必要な知識だ。

生き抜く上で必要なのは、情報そのものではなく、その情報をどのようにして集め、情報を組み合わせることで新たなものを想像できるかということであって、ものを覚える事ではない。

その事を考慮すると、今の受験制度では有能な人間を見極める事は出来ないのでは無いだろうか?

裁判結果は全ての人の生活に影響を与える可能性について

自分の権利や言い分を主張する事は、他人の権利を奪う事になる可能性がある。
TVを観ていると、被害を受けたと主張して訴える人をニュース番組などで観るが、訴えるという事は被害者が損失分を加害者に補填してもらうだけではなく、全く関係が無いほかの人たちの権利を奪う場合がある。

例を挙げてみよう。
マクドナルドのコーヒーが熱過ぎた事によって被害を受けたといって、3億円を勝ち取ったニュースがあったと思う。
この事件は、被害者がマクドナルド側から3億円を勝ち取っただけではない。
コーヒーが熱すぎることでマクドナルドは3億円を加害者に支払う場合、マクドナルド側は2度と同じような訴訟が無いように気をつける。
つまり、【熱いコーヒーを受け取る権利を全ての消費者から奪う可能性があった】わけだ。

コーヒーが熱い状態で出るという事は、暖かい状態が長く保たれるというわけだから、直ぐに飲まずに運転中に少しずつ飲む場合は熱い方が良い。
企業としても熱い状態で出して欲しいというニーズが多ければ熱い状態で出さざるを得ないので、【熱い】という事を徹底的に知らせる処置をして出しているみたいだが
この様な訴えが何度も続くと、熱いコーヒーを出す事そのものを止めなければならない。

この様な例は身近に結構有ったりする。

例えば、日本は産婦人科の医師が不足しているといわれている。
【産婦人科】【医師不足】【原因】などで検索してみればわかるが、訴訟リスクが高い事が原因の一つとなっている。
そもそも支払われる報酬がそんなに高く無い上に労働環境もいいとはいえない。そんな中で一生懸命頑張っても、ミスをすれば訴えられる。
この様な状態で、産婦人科医が増えると考える方がおかしい。

sosyou.jpg

厚生労働省「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」第13回会合(2008年3月12日)配布資料
http://www.mhlw.go.jp

誤解しないで欲しいのは、訴える側がおかしいと言っている訳ではない。
子供を失った親がその原因を知りたいと思うのは当然の事だし、誰かに責任が有る場合は責任を取ってほしいと思うのは当然の勘定だと思う。
だからこそ、周りの人間。特に相談された弁護士は、慎重に相談を受けなければならない野ではないと思う。

何故なら、産婦人科医が不足する事によって、誰でも直ぐに産婦人科医に診察してもらうという環境が奪われる。


もう一つ例を挙げると、薬の副作用によって死亡した場合に、国や製薬会社を相手に訴えるというもの。
最近のニュースだと、イレッサ訴訟などが報道されていましたね。
これも遺族の方は、責任の所在や副作用についてのきっちりとした説明があったかどうかを問題にして訴訟したのだと思います。
誰だって愛する人が『薬のせいで死んだかもしれない』可能性があるといわれれば、亡くなった原因を突き止めたいと思うのは残されたものとして当然だと思う。

実際には裁判で勝ち、輸入もとの責任が認められて損害賠償6000万円の支払いが命じられたそうだが
輸入元が今後の訴訟リスクを抑えようとし、新薬の輸入を控える可能性も有る。
今回は国の責任は認められなかったが、国の責任が認められた場合、同じような薬は日本では認められなくなるかもしれない。

つまり、この裁判に直接関係が無い一般の人たちも、今後受けられる可能性があった治療方法が受けられなくなる可能性が出てくる。
他人事ではないわけだ。

訴えた側は
『そこまでは求めてない!この件と今後の薬の認証は関係ない!』と主張するかもしれないが、訴えられた側はそうは考えない。
製薬会社も社会貢献として事業はやっているだろうが、営利団体なので利益が出なければ継続して事業を続ける事は出来ない。
国も、営利団体ではないが、損害賠償のお金は【税金】であるわけだから、訴訟が増えて負けるケースが増えた場合、国民の税金から支払うわけだから、訴訟リスクを減らそうとして認可スピードは落ちるのではないだろうか。

【ゆすりの名人】発言は、怒るほどのことなのだろうか?

ゆすり発言が問題になっているが、全文を読むと全てにおいて間違ったことを発言しているわけではないような気もする。
また、英文を日本語にする過程で、翻訳家が悪意ある訳し方をしただけのような気もする。
というか、この全文そのものが学生のメモを集めて一つの分にしたものなので、文を再合成する際に意図的に作った文かもしれないけれど。
全文はこちら。http://miyagi.no-blog.jp/Nightmaretext.pdf

普天間基地についての言い分は
日本にある米軍基地の半分は、沖縄にあると言われているが、その統計は米軍のみが使用している基地だ。もし日本の自衛隊と米軍が共同使用している基地を考慮すると、沖縄の基地の割合はかなり低い。

また立地は
元々、普天間基地は田んぼの真ん中にあって、騒音問題とかは無かったのだが
自然1

沖縄住民が何故か基地の隣りに次々と引っ越してきて、勝手に都市化してしまったと主張している。
このことに関することはネットでは散々言われつくしているので、知ってる人も多いと思いますけどね。
その上で、『普天間が(騒音・飛行機墜落のリスクなど)危険だと主張するなら、大阪の伊丹空港も福岡空港も都市の真ん中にあるんだから危険だろ?といってる。

夜景1



この文章には書かれていないが、普天間基地の隣りにある小学生は、【沖縄の反基地勢力の抵抗】で引越しできていない。
何故引越しできないのかというと、小学生が騒音の中で勉強しているという状態を続ける事で、抗議活動を正当化させようとする一部の人たちの圧力によって引越しできていない。
この件は、【普天間基地 小学校 引越し】のワードでグーグルなどで調べればいっぱい出てきます。

また、日米安保は不均衡とも書いてある。
理由は、米軍が攻撃された場合、日本は米国を守る義務はないが、米国は、日本の国民と財産を守らなければならないからで、日本にとっては有利だが、米国にとっては損失だ。とも書いてある。

これもその通りなのだろう。
しかし文の最後で、アメリカはこの日米安保によって米国の利益の為に日本の土地を使えるし、日本が米国に払っている高額な支援も有益だと書いてある。
簡単に書くと、土地や支援金は日米安保の不均衡を解消する為のもの、つまりは、日本は米国を傭兵として金で雇ってるという事をいっているのだろう。
この部分も、個人的には反論は無い。

そして問題の【ゆすり】の部分ですが、日本語に訳されて悪意があるような感じで【ゆすり】と書かれているので、本当にこの人が発言したのか翻訳家が悪意を持ってわざとやったのかがわからない。

内容としては、日本は合意しなければ行動に移せないので、合意をちらつかせて色々引き出す習慣があるって感じのことが書かれている。
このこと自体は間違って無い。

合意に基づいて物事を決定する場合、対等な立場であれば問題は無いのだが、対等な立場で無い場合は問題が起こる。
例えば、10人の合意によってある計画を実行する場合、9人が賛成したとしても1人が反対すれば計画は進まない。
どうしても計画を進めたい場合は、その一人を説得する為に条件を有利にしたり金を渡すなどの行為が出てくる。

これは、9人の意見が1人の意見によって捻じ曲げられている状態なので、問題がかなりある。
日本には昔から【ゴネ得】という言葉もある。
自分から合意を取らなければならない弱い立場の人が目の前に居たら、とりあえず反対して金を引き出そうという事は結構行われている。

誤解の無いように言っておくが、沖縄の人だけがこういう行動を取るのではなく、日本全体に元々この様な発想はある。
というか、日本だけでは無く、世界中にこの様な行動を取る人は居るような気もする。
これを【ゆすり】と言われれば、そうなのかもしれない。

また、メア氏は『日本の本音と建前に気をつけろ』と主張している。
日本1

メア氏は、『。沖縄の政治家は東京での交渉で合意しても、沖縄に帰ると合意していないと主張する。
日本文化があまりにも本音と建前を重視するので、駐日米国大使や担当者は真実を話すことによって常に批判される。』
と主張。

この話が本当なら、これは日本人の本音と建前とは少し違う気もする。
公の場で合意しておきながら、地元に帰って合意して無いと発言する行為は、ただの【嘘】であって、本音と建前とは違う気もする。

長々と書きましたが、どちらにしても今回の問題は、大きな問題にすべき事ではない。

人が怒るときというのは主に図星を指されたときで、全く見に覚えの無いことを言われても直ぐに怒るという事はしないもの。
沖縄の人が、本当に【ゆすり】なんてしてないのであれば、大人の対応をすべきであって、直ぐに抗議や謝罪を求めるべきでもないと思う。

そもそも、発言したとしたメア氏は『事実と違った受け止められ方をしている』と主張しているわけだし、学生のメモをつなぎ合わせた文章を見ただけで怒るのもどうかと思うのだが。。

今回の地震について、情報拡散希望のあったもの

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒール履いてる人は折る!
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。トイレは基本ないからビニール袋を。
火事などの2次災害に注意!
パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。
ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。
安否確認はダイアル171!
できるだけ安否確認で電話は使わないで!救急ダイアルが混乱するから。

あったらいいもの
お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ


屋内の場合
●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに。


●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。


●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。


●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。


屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。


●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。
・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する。


●電車などの車内
・つり革、手すりに両手でしっかりつかまる。
・勝手に車外へ飛び出さず、係員の指示に従う。


●海岸付近
・海岸からすぐに離れ、高台へ避難する。


津波から身を守る為のポイント】
津波警報が出たら、ただちに高い場所へ
小さな揺れでも油断しない
津波のスピードは速いので注意
繰り返し襲ってくるので注意
テレビ・ラジオなどで正しい情報を確認


追記2

【緊急拡散希望!】
【人命にかかわります!!】
電話の使用は極力避けてください!
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています
安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッターなどのネットの利用でお願いします

【拡散】電話の使用は極力避けましょう。
緊急の連絡(119,110)で必要としています。
安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。

RT願います。
地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

中越地震経験者として言えることは、避難してください
地震は大きな余震が何度でもきます
一週間は覚悟してください
家には帰れないと思ってください
帰らないで下さい
おねがいします
命より重い財産はありません
おねがいします
倒壊した家屋に戻った結果余震で怪我をする方が多いんです

災害に乗じて犯罪が増えているようです。女性を狙った性犯罪(公衆トイレは危険だそうです)、警察と偽る詐欺電話・訪問、空き巣・強盗など。


停電している家でもブレーカーを落として窓を開けて風呂に水をためて下さい。


ビニール袋があれば雨水を溜めましょう。飲めます。


家が壊れていない場合、防犯対策をきっちりとしてください!

建物に赤い紙が貼られているのは「全壊」の判断を受けた建物のようです。倒壊の恐れがあるので近寄らないで下さい


広い道路の真ん中を歩く。沢山の人が帰宅します。慌てずに。出来れば、側にあるビルには入らずに。ブラジャーとストッキングは止血に最適です。安否情報は各キャリアの伝言板へ。自分の位置情報を書き込んで下さい。(テレビの情報より)


意識を失っている場合むやみに揺すったり名前を読んではいけません!!


地震とか二次災害が起きても慌てずに情報をインターネット・ラジオなどから得ること 嘘の情報も流れている可能性があるのでしっかり見極めて判断すること


災害用伝言ダイヤル「171」

■被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

■安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する

通信各社の災害用伝言板は以下の通り。
▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。
PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi。

▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。

安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/。
▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/。
▼NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/

 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/



■通信各社の災害用伝言板■
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1531519&media_id=32

【不謹慎】【自粛】反対運動

twitter等をみると、【不謹慎】【自粛】反対運動を掲げて動いている人が結構いるみたい。
僕個人としては、この運動には賛成だったりする。

誤解されるのもいやなので理由を書いていきます。

【不謹慎】【自粛】などの精神は、確かに素晴らしい事だと思います。
この考え方の基本は、『被災地で過酷な生活を送っている人が沢山いるんだから、自分達だけが遊んでていいのか?』
という考え方であり、その考え方そのものは悪い行動ではありません。

しかし、【不謹慎】【自粛】などの行動によって何が起こるのかというと、経済活動が止まってしまうわけです。
この経済活動の停止によって何が起こるのかというと、単純に企業が利益を出す事が出来なくなるので、景気が悪化してしまいます。
景気が悪化すると、企業が利益が出ないだけでなく、一般の人の手取り給料も増えないでしょうし、失業率も減少しないでしょう。

そして、実際に【不謹慎】【自粛】の名の下に、被災していない人が家に引きこもっていても、被災した人が幸せになるわけではありません。

結果的に何も生み出さないわけです。

被災していない地域の人が本当にすべき事は、普通の経済行動を取る事です。
普通に働き、普通に消費する。
消費は、遊びに行くのも趣味に使うのも、外食するのもエステを受けるのでも何でも良いと思います。
普通の経済行動を取る事で日本で金が回り、企業も人も潤います。

企業が利益を出せば、企業は利益の一部を寄付にまわすかもしれません。
直接金を送らなくても、自社製品を被災地に送る事も出来るでしょう。
また、その会社が儲かっていて、給与の支払いが普通に行われていれば、給料を貰った人はその一部を寄付に回す人もいるでしょう。

経済活動が普通に行われ、人々が普通にお金を使う事で、国には税金が入ってきます。
普段よりも多い税金が入ってくれば、その増えた分を支援にまわすことも出来るでしょう。

しかし、【不謹慎】【自粛】の名の下に経済行動そのものが止まってしまうと、そのような流れそのものが無くなってしまいます。


また
被災地で普段よりも高い値段で物を売っている人たちを非難している人たちもいます。
その様な行動を取ったとブログで書いている人が、まるで犯罪者の様に扱われて、暴言を吐かれまくった挙句、色んなところに晒されています。

個人的には、被災地で割高で物を売る行動を薦めようとは思いませんが、そのような行動を取る人を非難すべきではないと思います。

無料で物を配るのも、安い値段や定価で物を売るのも素晴らしい精神だと思いますが、結果として必要としている人たち全てに物資が行き渡っていません。
コンビにでは買占めによって物がなくなっているという情報も目にしました。

安い値段や無料での物資の配布は、売る数や配る数を限定したりして計画的にやるなら良いのでしょうが、無計画でやると一部の人が買い占めて終了してしまいます。
しかし、高い値段で出していれば、買占めは防げる可能性も有ります。

物を販売する商店は売り切れを防いで、お金さえ出せば【物を買える可能性】を提供するのも一つの使命です。
そういった点では、高い値段で物を販売している店を非難すべきでは有りません。

それに、一部で買占めが起こっているのは、物資がどれぐらいで補給されるかという情報が浸透していないのが大きな理由だと思います。
1日待てばよいのか、3日なのか、それとも1週間我慢しなければならないのか。
どれぐらいの期間我慢すれば良いのかが正確に伝わっていれば、色んな地域の買占めも酷い物にはならないかもしれません。


そしてもう一つ。

被災情報以外の情報を提供すると、『不謹慎だ』という理由でクレームを付ける人が存在します。
ネット上でサーバーが落ちるなどの実害があるのなら仕方が無いのですが、それ以外でそのようなクレームをつけるべきではないと思います。

他の人が苦しんでいる状態で、他の人が能天気に遊んでいる日記やtwitterを見ることで感情を害する人もいるでしょうが、そう思っているのはアナタだけかもしれません。

実際に被災したが、今現在は避難所などで落ち着いている人の中には、他の人が楽しそうに遊んでいる情報をみて癒されるかもしれません。
災害被害情報だけを一方的に押し付けるのがよい事だとは限りません。

TVでバラエティーなどを放送しないのも、そのようなクレームを恐れての事でしょう。
しかし、被災者の中には『こんなときだからこそ、くだらない事で笑いたい』『気分を紛らわしたい』と思っている人もいるでしょう。
twitterの書き込みでも、『阪神大震災のとき、災害情報以外を流すのは不謹慎だという意見もあったが、実際に避難所で見たドラえもんに癒された』といった書き込みもありました。

自分の一方的な意見で、他の人の行動を限定させるのはやめましょう。

選択肢が増える事そのものは悪いことではありません。
アニメやバラエティーをみたくない人は観ません。災害情報が重要だと思う人はそのchを選んでみるでしょう。
【不謹慎】というワードによる行動の限定は、人々から選択する権利を奪います。

その選択の権利の剥奪によって、誰かが救われるのならそれも良いでしょう。
しかし、実際に誰かが救われるのでしょうか?

行動を起こす人は、良く考えて行動しましょう。